社会福祉法人 芳友 にこにこハウス医療福祉センター

センターについて

  • HOME >
  • センターについて >
  • 療育部長ご挨拶

療育部長 画像枠
療育部長 山口 みゆき Miyuki Yamaguchi

平成13年当センター設立され、私ども着任以降紆余曲折の日々でした。重症心身障害児施設の歴史から見ると設立14年はまだまだ未熟な施設ではありますが利用様、 そのご家族、多くの関係者、関係機関のご指導、ご鞭撻があり今があります。 障害児者の方々と共に過ごさせて頂いて20数年看護職としてのお仕事を頂きながら逆に多くの学びの場の存在に感謝しております。
一般病院勤務だけでは学べないものがあります。生きることの素晴らしさ、大切さを言葉ではなく、表情ではなく、 態度でもない共通表出方法を持つことができない方が伝えるために出せる可能なエネルギーを使ってその時、 その場でスタッフ指導している様、受容し協力しようとする様等敬意を表します。
本来、私たちは利用者様の思いを汲み取ってご支援する側ですがそうでない逆も多々あることを知ることも大切です。 スタッフ一人一人が利用者様に寄り添い一番近い支援者であると自信持って言えることを願うと共に自分もそうでありたいと思います。 年々看護師、保育士、介護福祉士、社会福祉士の当センターでの学生実習も増え、障害児者療育に多くの専門職が参画、 ご尽力いただけるよう伝承でき、ともに学べる機会を大切にしています。

入所、在宅利用者皆様が心底にこにこで良かったと思って下されるにはまだまだ切磋琢磨していかないといけない療育部です。 パワー全開で利用者にとってもスタッフにとっても魅力あるセンターになるよう精進し、にこにこハウス医療福祉センターと共に成長したいと思います。

  • スタッフブログ
  • スタッフ募集