社会福祉法人 芳友 にこにこハウス医療福祉センター

センターについて

  • HOME >
  • センターについて >
  • センター概要

教育・研修



全体研修会「体の痛み・疲労のマネジメント・体力測定結果報告」
新入職員フォローアップ研修「呼吸」を開催しました。

教育・研修制度のご紹介

にこにこハウス医療福祉センターには、教育課担当者と研修委員会が配置しています。医療と福祉両方の機能をもつ当施設は、様々なプロフェッショナルが共存し、利用者の皆さんと家族にとっての最良を考え日々努力しています。働き続け、学び続ける必要性をひしひしと感じる環境です。そのため研修制度や教育制度が充実しています。

全体研修 (昨年度の実績はこちらへ)
 当施設職員全員を対象とした毎月1回開催される研修会です。研修内容は、研修を担当する委員会と感染対策や災害対策などの委員会が主となって企画運営を行っています。研修は講義や演習、グループワークと部署や職種を超えて参加するスタイルです。この場は、広く施設の職員が交流する機会にもなっているようです。

対象者別研修
 対象者を特定した教育内容が明確な研修会です。いわゆる専門性を高めるための研修会でもあります。新人研修や利用者の皆さんの生活の質を高めるために必要な「摂食・嚥下研修」、「呼吸エキスパート研修」などが行われています。

部門別勉強会
 職員がそれぞれ所属する部署での関心事や必要な事柄をその部署の職員が自己研鑽するために行う勉強会です。しかしながら、勉強会は職員全体に告知され、誰でも参加は可能となっています。これは、他部署のことを知る機会となり、また協働する職種の専門性を知る機会にもなります。働きやすい職場作りは、「相手を知ること」から始まる!をモットーに積極的に勉強会に参加すること、勉強会を企画運営することを施設は応援しています。

研究発表・実践報告・論文投稿(昨年度の実績はこちらへ)
 当施設は、施設外で開催される学会での発表や論文投稿を積極的に行っています。学会の発表前または後に施設職員に向けて発表する『予演会』を設けています。これは、関心のある学術集会に全ての人が参加することが難しい状況があるため施設に居ながら口演を聞けるチャンスです。この取り組みは、施設内で毎年取り組んでいる研究を施設内で発表に留まらず、次のステップアップがあるということも感じられる機会です。 年に1回施設内でも研究発表会を行っています。

キャリア支援教育制度
 昨年度スタートした教育制度です。当施設は、今までご紹介したように様々な専門制や職種間をつなぐ研修制度が整っていました。しかしながら職種ではなく役割いわゆるリーダーや主任、係長といった職位に必要となる研修はありませんでした。 キャリア支援教育制度2016は、・委員会運営担当者研修・リーダー研修・主任研修・係長研修といった対象者別研修の位置づけで以下のような研修を企画しました。

新入職員研修
 4月1日付入職職員と前年度途中から入職された方が対象となります。全体研修(3日間)、当施設で必要となる知識・技術、他職種で共同するための基礎作りを大切にした内容となっています。新入職員同士のつながり、職員との交流といった新たな環境での戸惑いを緩和するプログラムも取り入れています。



研修企画者の感想
 7月は安全衛生委員会が主催しました。毎年行われる職員の体力測定の結果の報告と今回は身体の痛みに焦点をあて、日頃の自身をケアする方法を実践的に学びました。次回は、我が研修委員会が主催します。
(研修委員長)


身体の痛みがある人、有効回答100名中80名という結果にビックリしました。職員皆、疲れがあるんだなあと。自分自身も多少痛みはあります。今回は日々の生活の中でできるストレッチを学びました。積極的にストレッチを行い、自身の体調管理に努めていきたいと思います。
(研修委員担当者より)




その他研修会情報
 新入職員(支援職・看護職・リハビリ職)を対象とした、新入職員フォローアップ研修として、重症心身障害看護師(日本重症心身障害福祉協会認定)より、「呼吸ケアの基礎・学び方とそのプロセス」の講義がありました。当施設は今年7月から毎月呼吸に関する研修が計画されており、その研修を含め、どのように働きながら学んでいけばいいのかを講師自身の体験を含めた内容で受講者は楽しく学ぶことができました。
(教育課より)
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集