社会福祉法人 芳友 にこにこハウス医療福祉センター

ご利用をお考えの方へ

  • HOME >
  • ご利用をお考えの方へ >
  • 在宅支援事業 >
  • 児童発達支援・放課後等デイサービス「やまぼうし」

児童発達支援・放課後等デイサービス「やまぼうし」

神戸市内在住の方(市外の方は要相談)で在宅の障がい児(重症児も含む)の方を対象にした障がい児通所支援事業です。

事業の概要

活動の目的 心身共発達に凸凹を感じ抱えるお子様の、お友達との関係等に“困り感”や“しんどさ”を感じておられるご家族に寄り添い、現状を共有し認知の発達や社会性をはぐくめるよう、療育に努めます。
定員 1日10名(就学児7名・未就学3名)
障がい児支援受給者証をお持ちの方
サービス提供時間 月〜金 9:30〜17:00(日・祝日、年末年始はお休み)
サービス提供地域 神戸市内在住の方(市外の方は要相談)
利用負担金 ご利用料金は、在住の市区町村が受給者証に定めた利用者負担額。
(おやつ、教材等の実費は別途自己負担)
職員(1クラス 4〜5名配置) 児童発達支援管理責任者・保育士・児童指導員・心理士
※作業療法士、言語聴覚士、理学療法士が集団療育で兼任します。

ページの上部へ戻る

主な活動

療育プログラム@
《個別療育》
保育士、児童指導員、心理士等が、個々のお子様に応じた課題をご家族と共に共有し、またご家族の不安も解消できるよう、お子様と職員が1対1でじっくりとかかわる療育を提供します。
療育プログラムA―T
《集団療育》
それぞれの課題や目的をもつ、異なった年齢の仲間が集まり、一緒の内容や空間を通して、コミュニケーションスキルの向上と豊かな社会生活への参加に繋がるように支援します。

やまぼうし画像C

やまぼうし画像D

やまぼうし画像E

療育プログラムA―U
《小集団・ひまわり》
小集団で活動を通しお友達との関わり方、生活でのきまり事、集団で過ごすルール等に気づける支援をします。
利用対象者:心身共発達に凸凹を感じる未就学児。
開催日時:第2・4 水曜 13:30〜15:30
     第2・4 金曜 10:00〜12:00
職員:1グループ2名(保育士・心理士)
※ご利用には児童発達支援の受給者証が必要です。
療育プログラムB
《ダウン症児・たんぽぽ》
利用対象者:歩行獲得後のダウン症児と保護者(小集団/親子療育)。
開催日時:第1・3週の水曜日10:30〜11:30
定員:1グループ4組
職員:1グループ2名
※多職種による支援体制
医師・保育士・理学療法士が常に連携し、保護者様と共に発達段階を確認し合いながら、 生活場面のサポートも同時におこないます。
※ご利用には児童発達支援の受給者証が必要です。
療育プログラムC
《重障児デイ・こすもす》
在宅の重症心身障がい児のお子様へ、長期休暇時(夏休み等)の週に2日間(火曜・木曜)で仲間を意識しながら楽しく穏やかな時間を過ごす場の提供をしています。
開催日時:長期休暇時 10:00〜15:00
定員:7名
職員:4名(看護師・機能訓練担当職員が時間内に常に勤務しております。)
※重症心身障がい児放課後等デイサービスの受給者証が必要になります。

ページの上部へ戻る

やまぼうし通信

2017年5月31日 2017年度やまぼうし通信(No.11) ダウンロード
2016年11月4日 2016年度やまぼうし通信(No.10) ダウンロード
2016年6月1日 2016年度やまぼうし通信(No.9) ダウンロード
2015年10月2日 2015年度やまぼうし通信(No.8) ダウンロード

ページの上部へ戻る

その他のサービス

「やまぼうし」のこれから・・・ それぞれの発達に応じて様々な活動を展開し、在宅で過ごされる全ての障がい児の方々に豊かな生活とより良い社会性を育んでいただけるような支援を、提供していきます。

ページの上部へ戻る